更年期障害とは・改善法|目の悩みや健康維持にはビルベリーが最適!

薬を使わずに更年期を乗り切るためにはどうしたら良いのだろう?

更年期障害とは・改善法

悩む女性

更年期障害ってなんだろう

女性は、年を重ねるごとに女性ホルモンバランスが変化し、50歳頃になると生理が起こらなくなり、閉経します。その閉経前後の5年間を「更年期」と言います。閉経することで女性ホルモンバランスが崩れ、さまざまな身体の不調がでてきます。これを「更年期症状」と言います。そして、更年期症状がひどいと、日常生活に支障をきたすこともあります。日常生活が困難になるくらいのレベルになると「更年期障害」と言われるようになるのです。

更年期障害の症状の種類とは

更年期障害は、自律神経の乱れとよく似ています。主な症状としては、イライラしやすくなる・記憶力が悪くなる・睡眠が浅くなる・頭痛やめまいがする・汗をかきやすい・動悸や息切れがあり疲れやすい・身体がほてる・のぼせるなど、たくさんの症状が現れるのです。このような症状が頻繁にあると、日常生活を送ることが困難になってきますね。

更年期障害を防ぐ栄養素について

様々な症状が現れてしまう更年期障害ですが、できるだけお薬には頼らずにいたいですよね。更年期障害をできるだけ防ぐには、やはり効果のある栄養素を摂取することが大事になってきます。ビタミンはホルモンバランスを整えたり、自律神経の調子を整えたりしてくれます。ちなみに、お肌の新陳代謝も良くしてくれるので、思わぬ美容効果も期待できますよ。また、亜鉛は免疫力をあげてくれるため、サプリなどで摂取することをおすすめします。そして、女性ホルモンバランスを整えてくれるものとして有名なのが大豆イソフラボン。積極的に豆乳や納豆などを摂取すると良いでしょう。